--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-14(Mon)

どうなんだろ

最近はネットだけ見ても
日常の近しい人との会話でも
ときたま逢う友人と接しても

世の中がいったいどういう方向を向いているのか
さっぱりわかりません

さっぱりわからないと
作品制作への意気込みみたいのも
さっぱりわきません

まー才能の枯渇だ
世を去るに充分な状態なわけですが

もうすこし居座らせてください

インド・ムンバイには牛がいます
日本にも牛はいますがたいていは牧場に繋がれているか
パンに挟まってるか飯の丼にのっています
インドの牛は牧場にいるのではなくて
公道で行動しています(突っ込みももらえない)
日本には三車線道路とかがあります
インドにも三車線道路はやっぱりそれなりの速度で
車が走っています
牛は頭がよいのか悪いのかわかりませんが
三車線道路をお構いなしに行動したりしています

インドでは牛は神様らしいので
公道で行動していても轢かれたりはしません
牛は遅いし車線なんて神様には知ったことじゃないので
それにインドでは神様は沢山いるので牛も単独行動とは限りません
当然渋滞が起きますが牛はそれでも悠々と三車線道路を歩きます

僕のインド行きは一回目ではないので
そういう国や世界があるのは知ってはいましたが
前回は20年も前だし実感としてはもう忘れていました

日本では世の中が変わる速度はとても速い
僕が二十歳のときには携帯なんてまだドデカかったし
特別の人しか持ってなかった
二十年たったいまや幼稚園生だって携帯持たされているかも

もしかしたらインドだって激変していて
ムンバイはインドの西の都だし最近はIT産業なんかも盛んらしいので
去年暮れにバイトでよく行っていた中国の都市くらいのをなんとなく予想してました
中国都市には高層ビルはあるし高級ブランドの入ったデパートはもちろんコンビニは24時間営業、スーパーでは定価でものが買えます


んでムンバイ・・・とんでもない
ムンバイにはスーパーもコンビニもありません(一日僕の見た限り)
ガイドの地図を見ると
バイト先が予約していたホテルの隣がマクドナルドだったので
インドオリジナルのベジバーガーとかあるかもとおもってたのですが
隣はテントとその場しのぎのカウンターでできた
仮設店舗のような広場でした
開店しているところにも出会えませんでした
よく見るとたしかに手創り看板みたいのに英語でマクドナルドとありました

さて

僕を脅かす言葉が二つあります
経済!!と効率!!!です
ビビリまくりです
この二つはつまるところ僕を必要としないよと宣言します

経済と効率(ホントの意味はよくわからないのですが)は
いったい三車線道路の公道を行動する牛をどう考えるのでしょうか
いったい神様にどうやって資本を投入してどう効率化するのでしょうか

興味の沸くところです

・・・と
ここまでが枕で
はじめに戻ります
世の中はどのへんをチラ見もしくはガン見してるのか
僕のマイミクさんたちはどんなオツムとハートとシコウをしているのか
わかりません
ネットニュースにたいするコメントなんかを見る限り
僕がこれを引用すると
それはもう世間落第の印となりそうです

まあいいでしょう

もともと僕の出発は
成功はだれでもできるものじゃない
成功あれば失敗あり
勝者あれば敗者あり
希望あれば絶望あり

しかして、100%の絶望とは存在するかいな
ためしてみようぜ、路上へ出よう

ふむふむ確かにほとんど絶望だわな孤独だわ
でもでも100%じゃないじゃないかい
一人、二人と写真をもって帰るひとびと

あー、世界は無常なれど無情ではなし
僅少情はたまた微情とでもいうべきか

微情といえば微小だし美称だし微笑
わるくない

・・・なにが言いたい?

わからん


http://kujira-do-nano.com/


のげ


857983288_175.jpg




comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

Powered by FC2 Blog  Design*Photo*沈黙ノ砂丘

Copyright © うかない日/diSphoTogrAphiCa All Rights Reserved.
プロフィール
∴・∴・∴・∴‥∴‥∵‥∵

『形而上』であれ農場を名乗ってきた野毛農場も否応なく放射能に影響されています。都市で生きるものとして放射能の責任の一端は自身にもあるという認識もあります。今後の作物の発表もそのことを避けて通ることが出来ません。私は生産性の極端に低い作家であり、この事をきっかけに旺盛なアゲインストをということにはなりそうにありません。ただ、熾き火のようにという思いは失なっていません。路地での一期一会のお客様への作品提供を中心に行ってきましたので、継続してご期待を頂けている皆様も多いとは思っておりませんが、予めご了承下さい。

自家栽培の野菜を路地で販売するように、写真を路地販売してきました。

∴・∴・∴・∴‥∴‥∵

写真プリントを農作物に見立てての路地販売を活動の中心 に置く作家です。

noge_farm



Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
QRコード
QR
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。