--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-05-24(Sat)

もなー

2ちゃんねるのアスキーアートのモナーが
おまえもなの意を含んでいるときいて
僕は、うなったものです

沖縄に一年くらい住んでいたとき
エイサーという沖縄版盆踊りみたいなのに参加して
アイヌの方たちとよくご一緒しました

北海道新聞
原案は政府に対し「アイヌ民族を言語、宗教、文化の独自性を有する先住民族として認めること」を要求。その上で「有識者の意見を聞きアイヌ政策をさらに推進し、総合的施策の確立に取り組む」よう訴えている。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/94514.php

Yahooニュース
「特に他国をいわれなく非難する一部の国は、まず自分たちの人権の歴史を反省すべきであり、人種や移民労働者の差別問題、宗教問題の解決にむけ適切な措置を採るべきだ」
銭氏は中国政府の忠告をこう伝え、・・・
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080317-00000033-rcdc-cn

僕がはじめて沖縄を訪れていたころ
ある作家はこんな一節を小説に込めて出版していました

「まだ世界は単純だった。機動隊に石を投げるというだけのことで、ある場合には人は自己表明を果たすことができた。それなりに良い時代だった。ソフィスティケートされた哲学のもとで、いったい誰が警官に石を投げられるだろう?いったい誰が進んで催涙ガスを浴びるだろう?それが現在なのだ。隅から隅まで網が張られている。網の外にはまた別の網がある。何処にもいけない。石を投げればそれはワープして自分のところに戻ってくる」


現在、僕は、

どのようにことに触れ
どのようにことに関わり
どのようにことを迂回し
どのようにことを忘れ

るのでしょうか

僕は単純な時代をひきずった野暮なので
こんなふうに真面目面をして書きます

(そして真実からかえって遠ざかることになっています)

けれど新しいヒトたちは
もっと深刻ぶらずに
ことにあたっているような気がします

新しいヒトたちと
僕なりに関わっていきたいと思ったりしているのです

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

Powered by FC2 Blog  Design*Photo*沈黙ノ砂丘

Copyright © うかない日/diSphoTogrAphiCa All Rights Reserved.
プロフィール
∴・∴・∴・∴‥∴‥∵‥∵

『形而上』であれ農場を名乗ってきた野毛農場も否応なく放射能に影響されています。都市で生きるものとして放射能の責任の一端は自身にもあるという認識もあります。今後の作物の発表もそのことを避けて通ることが出来ません。私は生産性の極端に低い作家であり、この事をきっかけに旺盛なアゲインストをということにはなりそうにありません。ただ、熾き火のようにという思いは失なっていません。路地での一期一会のお客様への作品提供を中心に行ってきましたので、継続してご期待を頂けている皆様も多いとは思っておりませんが、予めご了承下さい。

自家栽培の野菜を路地で販売するように、写真を路地販売してきました。

∴・∴・∴・∴‥∴‥∵

写真プリントを農作物に見立てての路地販売を活動の中心 に置く作家です。

noge_farm



Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
QRコード
QR
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。