--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-01-03(Sat)

拡大ハケンムラ

いってきました

マリオンいったら何もなさそうだったので
日比谷公園にポチポチ


EPSN0027.jpg


着いたら記者会見してました


EPSN0030.jpg

テント50張りに4~5人泊まってて
それでも足りないから
休憩用に用意していた大きな集会テントも泊まり用に

これから、厚労省に施設を使えるよう要望しにいくって


EPSN0041-2.jpg


下は、記者会見のあとの動き
まだまだこの動きは止まりそうもありません





報道陣と村長たちが厚労省にいっちゃったから
ついて行こうかどうしようか

とおもってたら、お風呂いきはどこですか~?

あーもぅいっちゃいましたおよぉ

あら、残念また明日かな

ってことで、僕も中野にもどって朝風呂いきました


===

厚労省 「派遣村」に講堂開放
http://www3.nhk.or.jp/news/t10013332941000.html


仕事や住まいを失った非正規雇用の労働者を支援する東京・日比谷公園の「年越し派遣村」に300人を超える人が集まり、テントが不足していることから、厚生労働省は2日夜から今月5日まで省内の講堂を緊急に開放し、宿泊場所にすることを決めました。

「年越し派遣村」は、仕事や住む場所を失った非正規雇用の労働者に、炊き出しの食事や宿泊用のテントや毛布を提供するため、労働組合や弁護士で作る実行委員会が先月31日から東京・日比谷公園で始めました。支援を求めて集まってきた人は当初の想定の150人を大幅に上回り、支援の物資が不足しました。このため実行委員会は2日、厚生労働省を訪れ、大村副大臣に文書を渡して公共施設などを一時的に開放するよう要請しました。実行委員会によりますと、派遣村を訪れた人は2日午後6時までに304人に上り、このうち274人は宿泊場所がなく、用意したおよそ50のテントでは全員が泊まれないということです。また、炊き出しについても、食材は今のところ全国から寄せられたコメなどで賄っていますが、調理に必要な水やガスこんろが不足しているということです。要請を受けて厚生労働省が検討した結果、2日夜から今月5日の朝まで、省内の講堂を緊急に開放し、宿泊場所にすることを決めました。このほか、東京・中央区も2日夜から元小学校の施設を2か所開放して、利用できるようにしました。実行委員会の関根秀一郎さんは「これはもはや『雇用災害』とも呼ぶべき状況だ。政府は災害への対応と同様の危機意識を持って、住む所や食べる物の確保に全力を注いでほしい」と話しています。

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

Powered by FC2 Blog  Design*Photo*沈黙ノ砂丘

Copyright © うかない日/diSphoTogrAphiCa All Rights Reserved.
プロフィール
∴・∴・∴・∴‥∴‥∵‥∵

『形而上』であれ農場を名乗ってきた野毛農場も否応なく放射能に影響されています。都市で生きるものとして放射能の責任の一端は自身にもあるという認識もあります。今後の作物の発表もそのことを避けて通ることが出来ません。私は生産性の極端に低い作家であり、この事をきっかけに旺盛なアゲインストをということにはなりそうにありません。ただ、熾き火のようにという思いは失なっていません。路地での一期一会のお客様への作品提供を中心に行ってきましたので、継続してご期待を頂けている皆様も多いとは思っておりませんが、予めご了承下さい。

自家栽培の野菜を路地で販売するように、写真を路地販売してきました。

∴・∴・∴・∴‥∴‥∵

写真プリントを農作物に見立てての路地販売を活動の中心 に置く作家です。

noge_farm



Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
QRコード
QR
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。