--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-30(Wed)

2/9・10公演のお知らせ。




お知らせ遅れました。

自分の担当の部分がある程度形にならないと、
どうしてもお知らせしたりお勧めしたりできない。
小心者です。

さて、今年もダンスとのコラボやります。




『Lost・Lost・Lost』

2/ 9/(sat)19:00-
2/10/(sun) 18:00-

open
 一時間前より展示あり

前売り 2000円
当日  2300円

場所
 プロトシアター
  東京都新宿区高田馬場3-38-3
  03-3368-0490
  http://homepage2.nifty.com/proto-theater/
  http://homepage2.nifty.com/proto-theater/document/map-proto.pdf




タイトルはリトアニアからアメリカへ渡った映像作家、
ジョナス・メカスの映画からです。

http://www.amy.hi-ho.ne.jp/morikuni/mekas3.htm#F-13

クラシックバレーの素養を持った男女のダンサーと、
女性の役者さん、男性の役者さんの声の参加、
映像は僕。
音響、照明は今回で三回連続参加いただけているメンバーです。

会場はまたまた辺鄙な場所です。
前回、前々回来られた方は遠足に慣れられた頃でしょうか。

今回は上演前に会場で展示を行います。
僕のプリントをご覧頂くことができます。
神田川の川辺を迷いつつ展示もご覧頂くために、
早めのご来場をお待ちしています。

mixiへメッセージか僕にメール連絡いただければ、
当日でも前売り扱いで入場いただけるよう受付に手配します。
ご予約の連絡もお願いします。

ビラやチケット購入希望の方、
駆けつけます。


では、
LOSTが三回も続くタイトルで恐縮ですが、
是非大切な方と連れ立ってご来場ください。



のげ
スポンサーサイト
2008-01-26(Sat)

今夜は中野で露店

こんばんは

今夜も寒いですけれど
元気に(といってもひとり寂しくもあり)
出店します

9時過ぎから終電くらいまで

サンモールのどこかでやってます

わからなかったら
mixiへメッセージか(コメントだとお知らせ来ないのでメッセージ)

まで

公演(今年になってちゃんとお知らせしてないけど)
のビラなどの持ち合わせもあります

新作とともに
ちょっと汚い(けれどそれが美しい)
路上でお待ちしています


のげ
2008-01-21(Mon)

今年初路地・・・そして新風舎

こっそりというか、ようやく平常に、
中野のアーケードで路地販売をはじめました。
今週末は3日連続出店して、
作品も新しい形です。
値段も新しい。
やっぱり路地が僕の大事な場所です。

さて、最近はほとんどネットニュースを見ていなかったのですが、
ミクシにログオンしたときに視界の隅にひっかかるものがありました。
「新風舎・・10億円」

知っている方もいらっしゃると思いますが、
僕は新風舎の平間至写真賞の一等でない賞に入選して辞退したことがあります。
入選後の担当者等のコミュニケーションの稚拙さに、
稚拙な担当者等を説得できない自身の不甲斐なさに、
さらに稚拙な賞に応募した自身の露骨な一発当ててやれ的欲望丸出しに、
さんざん打ちのめされ一年くらいはダウンしたのでしたけれど。
(その後、僕の路地スタイルがスタートします。)
平間さんとは賞の辞退について直接お話しもして、
最終的に「力になれず」とメールを頂いたのでしたが。
去年だとおもいますが平間さんも結局この賞から降りてしまいます。

「力になれず申し訳ない」とは、
せっかくお話しする機会を持てたのに、
やがては問題が表面化するだろうこの賞を速やかに終息するよう説得できなかった僕の、
平間さんに向かうべき言葉なのになと返信はせず思ったものでした。

結局社会問題化して、またそうならなければ自身で決断に踏み切れない。
そういうことって身近にも、僕自身にも起こりうることと思います。
(ここで文章の指示方向がちょっと変わる(混乱)のですが)

もう少しちゃんと言うなら、
辞めなくてもよいのです。
どこにも元から正しい形などないのでしょうし、
いつのまにかおかしな形になってしまうことだって、
以前は正しくても時勢によって受け止められ方が変わることもある。

ならば、対処していくしかないのでしょう。
対処は適切なタイミングで行うべきだし、
辞めるに至る前にいくらだってやれることはある。
頭を下げる、辞める、倒産する。
そうではなくて、もっと適切に対処する。
それでも転んだらバシッと受け身をとって、
今度はもっとしっかり立ち上がる。
対処があれば立ち上がることもできるでしょう。
そういうふでなければ、
周囲が怖くてなにもできなくなってしまうのではないでしょうか。
(しかし、これには労力がいる。どうせ辞めちゃえばチャラなんだというコスト計算があったりするのなら。それは、深い・・)

そう、自身にたいして思うのです。

僕は平間さんが賞を降り、新風舎が倒産するまで、
本当に僕の側に理があると公明正大には発言しなかった。
(大きな口を叩かなったのは、半分は正しいけれど)
(もっとちゃんと言わないといけない、きっと資本経済社会と表現の本質的な問題を含んでいるとおもうのですが。この問題自体をアートしているのが村上隆さんだと思いますが。)

つまりは、(とりあえず)これについてはそういうことです。

(このニュースには「千人の著書未完成 」と続きます。もしかしたら身近に新風舎の入賞や出版をされた方をお持ちの方がいらっしゃるのかもしれません。・・まだまだ言い尽くすことはできません。)


はじめに戻って、
新しい作品のスタイルはお勧めです。
是非一度ご覧になってください。
そうして、大事な場所へ持って帰って。
どうか、アナタの生活空間に流れる時間と作品をご一緒させてください。


のげ
2008-01-04(Fri)

あけましておめでとうございます

こっそりというか、ようやく平常に、
中野のアーケードで路地販売をはじめました。
今週末は3日連続出店して、
作品も新しい形です。
値段も新しい。
やっぱり路地が僕の大事な場所です。

さて、最近はほとんどネットニュースを見ていなかったのですが、
ミクシにログオンしたときに視界の隅にひっかかるものがありました。
「新風舎・・10億円」

知っている方もいらっしゃると思いますが、
僕は新風舎の平間至写真賞の一等でない賞に入選して辞退したことがあります。
入選後の担当者等のコミュニケーションの稚拙さに、
稚拙な担当者等を説得できない自身の不甲斐なさに、
さらに稚拙な賞に応募した自身の露骨な一発当ててやれ的欲望丸出しに、
さんざん打ちのめされ一年くらいはダウンしたのでしたけれど。
(その後、僕の路地スタイルがスタートします。)
平間さんとは賞の辞退について直接お話しもして、
最終的に「力になれず」とメールを頂いたのでしたが。
去年だとおもいますが平間さんも結局この賞から降りてしまいます。

「力になれず申し訳ない」とは、
せっかくお話しする機会を持てたのに、
やがては問題が表面化するだろうこの賞を速やかに終息するよう説得できなかった僕の、
平間さんに向かうべき言葉なのになと返信はせず思ったものでした。

結局社会問題化して、またそうならなければ自身で決断に踏み切れない。
そういうことって身近にも、僕自身にも起こりうることと思います。
(ここで文章の指示方向がちょっと変わる(混乱)のですが)

もう少しちゃんと言うなら、
辞めなくてもよいのです。
どこにも元から正しい形などないのでしょうし、
いつのまにかおかしな形になってしまうことだって、
以前は正しくても時勢によって受け止められ方が変わることもある。

ならば、対処していくしかないのでしょう。
対処は適切なタイミングで行うべきだし、
辞めるに至る前にいくらだってやれることはある。
頭を下げる、辞める、倒産する。
そうではなくて、もっと適切に対処する。
それでも転んだらバシッと受け身をとって、
今度はもっとしっかり立ち上がる。
対処があれば立ち上がることもできるでしょう。
そういうふでなければ、
周囲が怖くてなにもできなくなってしまうのではないでしょうか。
(しかし、これには労力がいる。どうせ辞めちゃえばチャラなんだというコスト計算があったりするのなら。それは、深い・・)

そう、自身にたいして思うのです。

僕は平間さんが賞を降り、新風舎が倒産するまで、
本当に僕の側に理があると公明正大には発言しなかった。
(大きな口を叩かなったのは、半分は正しいけれど)
(もっとちゃんと言わないといけない、きっと資本経済社会と表現の本質的な問題を含んでいるとおもうのですが。この問題自体をアートしているのが村上隆さんだと思いますが。)

つまりは、(とりあえず)これについてはそういうことです。

(このニュースには「千人の著書未完成 」と続きます。もしかしたら身近に新風舎の入賞や出版をされた方をお持ちの方がいらっしゃるのかもしれません。・・まだまだ言い尽くすことはできません。)


はじめに戻って、
新しい作品のスタイルはお勧めです。
是非一度ご覧になってください。
そうして、大事な場所へ持って帰って。
どうか、アナタの生活空間に流れる時間と作品をご一緒させてください。


のげ

Powered by FC2 Blog  Design*Photo*沈黙ノ砂丘

Copyright © うかない日/diSphoTogrAphiCa All Rights Reserved.
プロフィール
∴・∴・∴・∴‥∴‥∵‥∵

『形而上』であれ農場を名乗ってきた野毛農場も否応なく放射能に影響されています。都市で生きるものとして放射能の責任の一端は自身にもあるという認識もあります。今後の作物の発表もそのことを避けて通ることが出来ません。私は生産性の極端に低い作家であり、この事をきっかけに旺盛なアゲインストをということにはなりそうにありません。ただ、熾き火のようにという思いは失なっていません。路地での一期一会のお客様への作品提供を中心に行ってきましたので、継続してご期待を頂けている皆様も多いとは思っておりませんが、予めご了承下さい。

自家栽培の野菜を路地で販売するように、写真を路地販売してきました。

∴・∴・∴・∴‥∴‥∵

写真プリントを農作物に見立てての路地販売を活動の中心 に置く作家です。

noge_farm



Twitter
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
カテゴリー
リンク
RSSフィード
月別アーカイブ
QRコード
QR
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。